製品 | Newscan SWⅡ®について

「いつまでも健康で、 長生きをしたい」――――。

誰もが求める願いです。でも、ご存知でしょうか? 日本は世界一の長寿国となると同時に、他の先進国と比べて健康への不安を感じている人が最も多い国でもあります。
皮肉なことに本来ならば、長寿を喜ぶはずの日本人の多くが、健康不安に怯えているのが日本の現実なのです。

その理由は、ガンや心筋梗塞、脳溢血などの生活習慣病による病死が全体の63%を超え、しかも糖尿病、高血圧、痴呆症などの疾病も含め、 高齢化とともに急増しているためです。

しかし意外なことに、数年先の健康に不安も感じながらも、健康のために具体的に何かをしている人や、自分の健康状態をチェックするなど、健康管理、未病ケアをしている人が非常に少ない事に驚かされます。

Newscan SWⅡ®(ニュースキャン エスダブリューツー)は、超低周波音を利用し、膨大なデータをコンピューターで処理できる形に置き換え、分析、検索を行い、カラダの健康状態をチェックし、健康に関する様々な情報を教えてくれます。

多彩な健康管理機能が、
驚くほど「簡単な」操作で実現。

Newscan SWⅡ®(ニュースキャン)は、心身のバランス状態を可視化するため、ロシア人の科学者の非常に独創的な理論とテクノロジーによって開発されました。 アーユルヴェーダ や東洋医学などの考えが広く取り入れられており、高度なテクノロジーと伝承医学の融合による心身のバランスをチェックする健康機器です。 着衣のままヘッドフォンをするだけで、簡単なパソコン操作によって自宅にいながら健康チェックや測定結果を得ることが出来ます。

Newscan SWⅡ(ニュースキャン) ※画像はイメージです。

カラダの周波数から、
未来の健康を「予測」する。

Newscan SWⅡ®(ニュースキャン)は超低周波音(1Hz~9Hz)により、全身の約630箇所を衣服着用のまま、ヘッドフォンを装着するだけで、 カラダの健康状態を簡単にしかも短時間で総合的にチェックし、様々な情報を教えてくれます。カラダには、それぞれ固有の共鳴する周波数があり、弱い電流を放っています。これは細胞の働き(互いの情報伝達)に関係しており、 健康な細胞は細胞同士がそれぞれ互いに連携しながら情報を伝達しあうことで、わたしたちの健康は保たれています。

とても解りやすい画像やグラフを見て、
「知る」ことから始める健康管理。

Newscan SWⅡ®(ニュースキャン)では、細部にわたってチェックした内容を、解りやすくパソコンの画面で見ることができますので、健康状態を理解しやすくなっています。 また、「氣付き」のもとになる様々なヒントを本人が画面で確認できることは、健康管理、生活習慣改善のきっかけとなり、これ以上ない良い機会を作ってくれます。 自分の身体を知ることこそ、いつまでも健康であるために、最も必要なことなのです。

Newscan SWⅡ(ニュースキャン)

Newscan SWⅡ®のテクノロジー

ロシアの宇宙飛行士の健康管理にも採用されているという事がメディアで報じられて話題になった「Newscan SWⅡ」のテクノロジーは、 周波数をチェックし身体の健康状態を把握する、これまでとは全く異なった理論とテクノロジーで作られています。
The next generation of technology

全く新しい次世代の テクノロジー

少し科学的な話になりますが、「リンゴ」「コップ」「ヒト」など、この世界に存在する全ての物質は、それぞれ固有の周波数(振動数)を持っています。
そして、それはノーベル物理学者のマックス・プランク博士 らによって証明されています。勿論、カラダにも固有の周波数が存在しており、その周波数(振動数)は、健康な時、体調を崩している時とでは大きく異なることが解っています。 Newscan SWⅡ®は、その周波数を読み取って健康状態を確認する独創的なテクノロジーが組み込まれた数少ない健康管理機器です。

日常的にカラダの健康状態を把握して、予防に役立てる事は、健康維持という観点から見ても大変望ましい事です。

すべての生物の細胞はラジオの仕組みと同様に、同じ周波数で同調して情報交換をしています。
それがひとたび周波数がずれてしまうとどうなってしまうでしょう?
そうです、ラジオの周波数が合わず聞こえないのと同じく、細胞同士の情報交換がうまくいかなくなってしまいます。
その周波数をキャッチするNSはまさに「次世代のテクノロジー」なのです。